イソフラボンの適用量??

食品安全委員会は、150ミリグラムをイソフラボンの健康影響量とみなして、
1日上限摂取量の目安を半分の70〜75ミリグラムとしたそうです。


この「70〜75ミリグラム」というのは、

例えば納豆なら大体2パック分に相当します。


日本人が食品から取る大豆イソフラボンは、
平均して1日18〜22ミリグラムなので、

サプリメントを取る場合、
1日30ミリグラム以下なら上限を超えない
と食品安全委員会は目安量を示したそうです。



まあ過剰に摂取せず、普通に摂取する分には安全のようです^^

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19268791

ISO22000 の構築から認証取得に最適なノウハウです
Excerpt: ISOとは ISOとは、1947年に設立されたInternational Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称です。世界120ヶ国以上が参加して..
Weblog: ISO22000 について 構築から認証取得まで
Tracked: 2006-06-19 22:54

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。