杉本彩が使っているピクノジェノールとプラセンタとは? Part.2

杉本彩はシミ、シワ対策にピクノジェノールとプラセンタを毎日使っている
とテレビで言っていたが、果たしてプラセンタって何??


プラセンタとは胎盤のことで、
プラセンタとは胎児の発育成長に女性だけが持つ組織のことです。

胎盤、つまりプラセンタには各種栄養素をはじめとする胎児の成長に必要な物質がぎっしりと蓄えられているのです。

プラセンタは母体において、酸素や栄養素を胎児に与えるだけではなく、
神秘性を秘めた偉大なる臓器なのです。

動物は肉食動物だけでなく草食動物までもがみずから胎盤を食べてしまいます。栄養素の豊富な胎盤を食べることによって出産で低下した体力を補うという本能的な行動なのでしょう。
クレオパトラやマリーアントワネットも美肌スキンケアのために使っていたといすから興味は深まるばかりです。
医薬治療分野を始め、化粧品から健康食品にまで至る範囲で偉大なる働きが注目されています。

美肌・美白などの美容分野では活発化・細胞呼吸の促進・疲労回復などとも深いつながりがあることがわかっており、科学的にも実証されています。

>>詳しくはこちら

杉本彩が使っているピクノジェノールとプラセンタとは?

杉本彩はシミ、シワ対策にピクノジェノールとプラセンタを毎日使っている
とテレビで言っていたが、果たしてピクノジェノールって何??

ピクノジェノールとは、海岸に生育する海岸松 pinus maritima の樹皮からとった天然の植物抽出物です。ピクノジェノールRは水溶性のフラボノイド抽出物で、高いプロシアニジン、カテキン、タクシフォリン、その他フェノール酸の典型的なスペクトルがそろっています。

そしてピクノジェノールの作用は、
体が環境ストレスと闘うのを助け、循環系を健康に保ち、関節炎と闘います。ピクノジェノールは毛細血管の活動を改善し、正常化して、毛細血管壁を強化します。柔軟性回復を助けます。ピクノジェノールはコラーゲン繊維を結合させ、そのプロセスで、もっと若々しく、破損のない構造に整え直します。弾力と柔軟な強度が結合組織に取り戻されるのです。多彩な効用はピクノジェノールが抗酸化剤の強力なブレンドであるという事実を超えています。研究で、ピクノジェノールが循環系の病気(脳卒中、血管および心臓の病気)のリスクを軽減し、炎症(関節炎、浮腫)を抑え、肌の健康を守り、その他多様な症状を緩和することがわかっています。

体をマイナスの方向へと向かわせる酸化を防ぎ、正常な状態へと導く抗酸化物質こそがピクノジェノールなのです。体の大敵・活性酸素を撃退する「フラボノイド」を40種類以上も含み、ビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍という驚異の抗酸化力で、活性酸素によるダメージから私たちの体を守ります。

>>詳しくはこちら



岩盤浴でデトックス!!

オーラ岩盤浴スパマット【ナチュラルメイド】


イソフラボンとは関係ないのですが・・。


美容・健康・・・


おもしろグッズということで^^


オーラ岩盤浴スパマットをご紹介します。

このマットは、高いレベルの遠赤外線を放出する
三仙石などの鉱石を砕いて練りこんでいるマットです。





冬じゃないのに暖かいマットかい。。(@_@)




でも遠赤外線は人体の深くまで熱を伝え、
体内の細胞を元気にします。


さらに通常私達が発汗する
大粒のダラダラとした汗は、

代謝に必要な基調なミネラルも汗と一緒に流れてしまい
太りやすい体質になってしまうとのですが、


この岩盤浴の熱によって発汗する小粒の汗は

ミネラルを失わないため代謝を下げることがないのだそうです。


新陳代謝は毎年夏の時期に低下し、
秋から冬にかけて回復するのだが

夏の時期に代謝を下げ過ぎてしまうと、
夏が終わり代謝が上昇しても
以前と同じレベルまで回復せず、

それが毎年積み重なると
毎年徐々に代謝が下がっていき、

太りやすい体質となり
中年太りになってしまうのだそうです。


夏の時期に代謝を下げない予防策としては
毎日起床後に一杯の水を飲むことと、


毎日4リットルの水を飲むことだそうです。


さらにこの岩盤浴の遠赤外線で
代謝の低下を防げば中年太りの予防になるかも^^


>>詳しくはこちら

イソフラボンをガドルコア世代のソフトで成分分析すると・・。

イソフラボンをガドルコア世代の成分分析ソフトで分析してみました。


このソフトは、入力した単語を何でも分析してくれるソフトです。

下記でダウンロードできます。
   ↓
http://tekipaki.jp/~clock/software/


結果は、、

イソフラボンの成分解析結果 :

イソフラボンの半分はやさしさで出来ています。
イソフラボンの24%は世の無常さで出来ています。
イソフラボンの20%は海水で出来ています。
イソフラボンの2%は嘘で出来ています。
イソフラボンの2%は鉛で出来ています。
イソフラボンの1%は鉄の意志で出来ています。
イソフラボンの1%は柳の樹皮で出来ています。


だそうです。

ちなみに大豆イソフラボンで分析してみると、、


大豆イソフラボンの成分解析結果 :

大豆イソフラボンの78%はビタミンで出来ています。
大豆イソフラボンの12%は明太子で出来ています。
大豆イソフラボンの6%は白い何かで出来ています。
大豆イソフラボンの2%は情報で出来ています。
大豆イソフラボンの2%は電波で出来ています。


う〜ん。。
一体どういう法則で解析してるんだろう。

でも結構楽しいかも^^

イソフラボンの摂取上限量を超えていた食品の今後は?


国民生活センターが
食品安全委員会が定めた摂取上限量を超えていたと発表した
14商品は、

「イソフラボーン」(サンウエル)
「黒ごまイソフラボン」(ケイセイ)
「豊年大豆イソフラボン30」(J―オイルミルズ)など。


同センターが14商品の製造・販売業者にアンケートしたところ、
4商品は生産を終了するか販売中止予定、
他の9商品は摂取目安量を上限量以下に変更することなどを検討中で、
変更の予定がないのは1商品だけだったそうです。

イソフラボンの適用量??

食品安全委員会は、150ミリグラムをイソフラボンの健康影響量とみなして、
1日上限摂取量の目安を半分の70〜75ミリグラムとしたそうです。


この「70〜75ミリグラム」というのは、

例えば納豆なら大体2パック分に相当します。


日本人が食品から取る大豆イソフラボンは、
平均して1日18〜22ミリグラムなので、

サプリメントを取る場合、
1日30ミリグラム以下なら上限を超えない
と食品安全委員会は目安量を示したそうです。



まあ過剰に摂取せず、普通に摂取する分には安全のようです^^

イソフラボンが含まれる食べ物とは??

大豆イソフラボンが含まれる食品は主に、

・納豆
・豆腐
・豆乳
・枝豆

があるそうです。


とはいっても、あまり和食が好きでない方は摂取する機会が無さそうですね。。

魚がメス化している??

最近では、女性ホルモンに似た環境ホルモンがあるとの話しがありますが、

実際には人の女性ホルモンに比べて非常に弱い影響力しか持っていないようです。



その一方で、女性で余分に作られた女性ホルモンは
尿として排出されるらしいのですが、

これが河川などに流出して魚などがメス化する
という影響が指摘されているといいます。



知らない間に地球の環境って変化しているんですね。。


女性ホルモンの働きとは?


女性ホルモンは、女性らしさを生み出す源です。

女性の性的な特徴が現れるのに深く関わっています。

女性らしい体型を作り、生理や妊娠をコントロールしています。


その他にも、肌や髪を美しく保ったり、骨を丈夫にしたり、
自律神経を安定させたりする働きがあるそうです。



イソフラボンって??

イソフラボンは大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、
大豆に含まれるイソフラボンの量は全体重量の約0.2〜0.4%らしい。。



0.2〜0.4%って、、ほんと微々たるもんですね。。
かなり貴重な成分のようです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。