イソフラボンの摂取上限量を超える食品あり!


国民生活センターは、
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や乳がんの
予防効果があるとして人気の「大豆イソフラボン」を含むとされる
健康食品24商品を調査したところ、

14商品で1日の摂取目安量が、
食品安全委員会が特定保健用食品を対象に定めた
摂取上限量(アグリコン量換算で30ミリグラム)
を超えていたと発表した。

摂取目安量が上限量の2倍以上のもあったとのこと。

 

イソフラボンの過剰摂取は乳がんを引き起こす?

大豆イソフラボン過剰摂取が、乳がんを引き起こす。


大豆イソフラボンは、研究者たちの間で
研究者たちの間で、乳がんリスクを低減する可能性があるといわれていたが、

大豆イソフラボンには、抗ホルモン作用とホルモン作用、
両方が起こりうる可能性があるのでは?

という議論が起こり(今も研究中のようです)

この議論が引き金となって、
「大豆イソフラボンの過剰摂取が乳がんを引き起こす」

という噂が広がったようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。